看護師の人材不足について

私はよく看護師や医師という医療系の職業が、人材不足であるということを聞いたり目の当たりにしています。
職業の中でも色々ありますが、医師や看護師といった職業は大変重要な位置を占めている仕事ではないかと私は考えています。なぜなら、人間としている以上、どうしても生活をしていくうえで、風邪を引いてしまったり、怪我をしてしまったり、もしくは事故やウイルスによる命に関わるかもしれないような大きなケガ・病といったものが、誰にでも付いて回るからです。そんな時に活躍できるのが、医師・看護師といった職業でもあると誰もが思うかもしれませんが、その職業が人材不足と言う決定的な打撃のような状態になっているのも事実なのです。
仕事として考えれば、命を預かるような大役ですから、責任といったものは必ず付いて回ることでしょう。そんな責任やプレッシャーに負けずにいられる精神力は確かにとてつもないのではないかと思います。医師や看護師の人材不足を解消する良い方法はないのでしょうか?

友人の看護師は、働く時間が長いことや、休みがあまりない、勤務先によっては夜勤勤務などもあり連続勤務がたびたび発生していると言っていました。シフト環境が整わないということは、単純に人が足りないということですよね。働き手にあわせた勤務方法・長期休暇などのシステムの見直しなどあればまた違ってくるのではないかとも思います。少しでも人材不足の現状を打開できるようになってもらえたら良いと思います。

Leave a comment!

  • 2017年12月
         
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • アーカイブ

  • 固定ページ

  • カテゴリー